CHUSUKE.COM

約1ヶ月ぶりの更新です。@chusuke311です。

なんだか一ヶ月1日更新になりつつありますが…

記事を書くまとまった時間が無かっただけなんです。ネタはあるんです(-。-;)

 

さて今日は、僕が契約したモバイルWi-Fi、イーモバイルについて書いていきます。

WiMAXも考えていましたが、結局決めたのはイーモバイル。

その決定までの経緯です。

なぜモバイルWi-Fiの契約をしたのか。

ドコモの料金の高さをどうにか改善したいと思ったためです。

毎月5000円のパケット定額料は高いなぁと思ったし、速度も遅い…

そんなときに”使えるかな”と思ったのが、モバイルWi-Fiなのです。

イーモバイルの特徴

僕がイーモバイルを選ぶにあたってポイントとなったのは、

  • 地下に強い!
  • 通信制限が他に比べてゆるい!
  • 料金が安い!!

順番に詳細を確認して行きましょう。

地下に強い!

地下で強いというのはホントに重要でした。

WiMAXと比べていらっしゃったこちらのサイトも参考になりました。

こんなに違うの!?イーモバイルとWiMAXで地下の繋がりやすさを比べてみると…:らばQ

私、名古屋在住なのですが、名古屋って地下にいる機会が結構多いんですよね(地下鉄が発達しているし、地下街も多い)

つまり地下でつながらないのは困るわけで。

と、いうことでこの時点でWiMAXの選択肢はなくなったのです…

通信制限が緩い!

例えば他のLTEサービスを見てみると、

・ドコモ(Xi)の場合

当月利用の通信量が7GBを超えた場合に、当月末まで通信速度が送受信時最大128kbpsになる。

※別途申込み(7GB超過後2GBごとに2,625円)で元に戻る。

・au(iPhoneテザリング)の場合

当月利用の通信量が7.5GBを超えた場合に、当月末まで通信速度が送受信時最大128kbpsになる。

※「エクストラオプション(オプション料2,625円/2GB)」で元に戻る。

・ソフトバンク(4G LTE)の場合

毎月利用のデータ量が5GBを超えた場合、請求月末まで通信速度を送受信時最大128Kbpsに制限。

※別途申し込み(5GB超過後、2GB毎に2,625円)で元に戻る。

と、軒並み同じような制限をしていますが、

・イーモバイル LTEの場合

ネットワークが混雑する時間帯(当日21時~翌2時)の間に、24時間ごとのご利用通信料が300万パケット(366MB)以上の場合、通信速度制御が行われる。

また、2014年5月以降、当月ご利用のデータ通信量が10GBを超えた場合、当月末までの通信速度を制御。

 

つまり、ちょっと使いすぎても翌日には通信制限が解除されてる訳なんです。

コレは嬉しい。例えば、PCを外でちょっと使いたくなっても全然使えちゃうってことですもんね。

料金が安い!!

今回僕が契約したのは、GMOとくとくBBのイーモバイル接続サービスなのですが、

キャンペーン | LTE(イー・モバイル) | サービス紹介・料金 | プロバイダー乗り換えなら【GMOとくとくBB】

機種代込3860円で利用できるのです。(2年間の最低利用期間設定アリ。)

しかも、とくとくBBなら2年間の最低利用期間の後なら、いつ解約しても解約金がかからないという点も気に入りました。

つまり…(画像は公式サイトより)

・他社の場合

plan_img07

・とくとくBBの場合

plan_img06

GMOのサービスということで、うーん…と思うところもあったのですが、中身はイーモバイルだし問題ないかなということで契約に至りました。

と、いうことで、契約しました。

そして昨日届きました。

DSC00081

引き続き、このGL04Pのレビューもしていきますが、とりあえずこの記事はここまで。

テスト期間中なので、テスト勉強したら、また書きます。

それでは!

コメントがほしいっ

About CHUSUKE

名前: チュー介

名古屋在住・大学1年生(文系)

1996年3月11日生まれ。

食べることが好き。とりあえずよく食べる。

りんごが身の回りに増殖中。

Search