CHUSUKE.COM

こんにちは。

今回の記事は自分用のメモとしてです。

アクセス解析ツールとしておそらく最も利用されているサービスである「Google Analytics」。

そのAnalyticsでレポートに自分のアクセスを含まないようにする方法をご紹介します。

フィルタを作る

今回の記事では、新デザインでの操作法をご紹介します。
旧デザインの方はその該当部分に読み替えてください。

ということで、レポートを開くと、左上の方に設定ボタンがあります。

設定画面でフィルタを選択し、「新しいフィルタ」をクリックします。

ここからは2通りに別れます。

  1. 固定IPアドレスでインターネットに接続している場合
    一般家庭ではあまり見かけませんが、インターネットに固定IPで接続している場合は簡単に設定できます。

    フィルタ名に好きな名前(識別名)を入力し、フィルタの種類で、「除外>IPアドレスからのトラフィック>等しい」 として、その下に自分のIPアドレスを入力して保存します。これだけです。
  2. 動的IPアドレスでインターネットに接続している場合
    特に何も手続きせずインターネットに接続している一般家庭の方は、こちらの設定方法を利用してください。

    フィルタ名には任意の識別名を入力し、フィルタの種類で「カスタムフィルタ>除外」を選択します。
    フィルタフィールドで「ユーザー定義」を選択し、下のフィルタパターンには任意の半角英数字を入力します。このフィルタパターンに入力した文字列は後でHTMLファイルに使うので、忘れないようにしていてください。設定が終わったら、保存をクリック。固定IPアドレスならこれだけで終わりでしたが、動的IPの皆さんは、まだ続きがあります。
    この方法では”Cookie” を利用するのですが、それをブラウザにセットするためのHTMLファイルを作成します。

     <html> <head> <title>Cookieセットファイル</title> </head> <body onload="javascript:pageTracker._setVar('フィルタパターン');"> <a href="/">ホーム</a> <script type="text/javascript">// <![CDATA[ var gaJsHost = (("https:" == document.location.protocol) ? "https://ssl." : "http://www."); document.write(unescape("%3Cscript src='" + gaJsHost + "google-analytics.com/ga.js' type='text/javascript'%3E%3C/script%3E")); // ]]></script><script type="text/javascript">// <![CDATA[ try { var pageTracker = _gat._getTracker("トラッキングID"); } catch(err) {} // ]]></script> </body></html> 

    フィルタパターンとトラッキングIDをそれぞれ入力して、任意の名称で保存、アップロードしてください。
    表示されたリンクをクリックしてサイトにアクセスすれば、アクセス解析に反映されなくなります。

このフィルタを利用してもっとGoogle Analyticsを使いやすいツールにしてください!

それでは!

コメントがほしいっ

About CHUSUKE

名前: チュー介

名古屋在住・大学1年生(文系)

1996年3月11日生まれ。

食べることが好き。とりあえずよく食べる。

りんごが身の回りに増殖中。

Search